トップページ > 製品情報 > 遺伝子導入 > Nucleofector™ データベース > Nucleofector™最適化プロトコルおよび導入実績の探し方

弊社製品使用上の注意点

遺伝子導入 -Nucleofector™-

Nucleofector™最適化プロトコルおよび導入実績の探し方

Lonza Global WebsiteのKnowledge Centerを使用して、目的の細胞におけるTransfection Informationをお調べ下さい。
 の欄のファイルマークに✓が付いている  細胞タイプでは、試薬キットおよび電気プログラムが最適化されたプロトコルがご利用頂けます。ファイルマークに✓が付いていない  細胞タイプでは、ユーザーデータによる遺伝子導入実績がご覧頂けます。下記Caco-2細胞の事例では、Nucleofector™ 2bの最適化プロトコルはご用意がありますが、4D-Nucleofector™ X Unitにはご用意がありません。最適化プロトコルがない場合は、Optimizationを実施頂くことが望ましいのですが、ユーザーデータを基に導入実験を行って頂く事も可能です(Kit : SE Program : DG-113 Efficiency : >80% Viability : >70%)。ユーザーデータを踏襲する際には、遺伝子導入成功の可能性を広げるために周辺プログラムの同時評価もお奨めしています。詳しくは弊社テクニカルサポートまでお問合せ下さい。

STEP1:細胞の検索

STEP2:Transfection Dataの入手

STEP3:Transfection Dataの入手

STEP4:プロトコルのダウンロード

STEP5:最適化プロトコルが閲覧できます