トップページ > 製品情報 > エンドトキシン / QC管理システム > エンドトキシン検出製品(オンラインカタログ) > エンドトキシン検出試薬 > QCL-1000™エンドポイント比色法LAL試験

弊社製品使用上の注意点

エンドトキシン検出試薬

QCL-1000™エンドポイント比色法LAL試験

比色法(エンドポイント法)は短時間で定量するエンドポイント法です。
「QCL-1000™」エンドポイント比色法は試験管もしくは96ウェルマイクロプレートを用いて測定できます。コントロール溶液、エンドトキシン標準品(JP-RSE, CSE)、およびサンプルにライセートを加え、発色性基質を加えます。最後に酵素反応を停止する反応停止液を加え、試験管またはマイクロプレート中の溶液を405~410 nmの吸光度で測定し、エンドトキシン測定を算出します。エンドトキシン濃度が高いほど強い黄色(高い吸光度)を示します。

「QCL-1000™」エンドポイント比色法LAL 試薬はFDA のライセンスを取得した最初の比色法LAL 試薬です。ゲル化を必要とする試験法に比べサンプルによる反応干渉を受けにくく、測定範囲0.1 ~ 1.0 EU/ml のエンドトキシンを16 分間の短期間で測定可能です。

必要な器具および関連製品

  • マイクロプレートリーダーELx808™ あるいはスペクトロフォトメーター
  • パイロジェンフリー希釈用試験管
  • エンドトキシン試験用水
  • パイロジェンフリーの96ウェルマイクロプレート
  • パイロジェンフリーのチップ

オーダー情報

カタログ番号 製品名 保管条件 包装 感度
(EU/ml)
関連情報 定価
(円)
お問い合わせ
CSEあり
00190166

QCL-1000™ 120テスト
QCL-1000™ Endpoint Chromogenic LAL Assay

2℃ – 8℃

120テスト
24テスト / 本 x 5本
発色基質 x 2本
エンドトキシン試験用水
(30ml) x 2本
CSE x 1本

0.1~1 使用説明書(英語)
使用説明書(日本語)
75,000 お問い合わせ