トップページ > 製品情報 > エンドトキシン > 製品の概要 > ゲル化法LAL試験の概要

エンドトキシン検出製品

ゲル化法LAL試験の概要

ゲル化法LAL試験PYROGENT™ ゲル化法LAL試験は、グラム陰性細菌エンドトキシンに対する定性のLAL検査です。ゲル化法試験は、37Cのウォーターバスあるいはドライヒートブロックに設置した試験管に試薬を分注して実施します。
60分のインキュベーション後、試験管を180度傾けます。試験管の底に固形ゲルが残っていれば、陽性反応を意味します。液体が試験管の内側を流れ落ちれば、結果はエンドトキシン陰性となります。

製品紹介

ゲル化法LAL試験パイロジェント™ ゲル化法LAL試験標準キットの製品としては、250テスト用,200テスト用(CSE付) , 80テスト用をご用意しております。
なお、試験に際しては脱パイロジェン化した10×75 mmのガラス製反応試験管を必要となります。

主な操作手順

1. エンドトキシン標準溶液の調整(表示感度確認用)
2. 試料溶液の調整および分注
3. ライセートの調整・添加
4. 測定(37℃ で60分)
5. 結果判定(180度転倒)

この製品を見ている人はこんなページも参考にしています