トップページ > 製品情報 > 遺伝子導入 > Device & Solution > 4D-Nucleofector™ LV Unit

弊社製品使用上の注意点

遺伝子導入 -Nucleofector™-

4D-Nucleofector™ LV Unit

導入効率の高い、大容量向け遺伝子導入装置

大容量デバイスLVユニットが4D-Nucleofector™の拡張ユニットとして登場しました。

閉鎖式システムで 1×107~1×109の大量の細胞を一度に遺伝子導入可能なNucleofector™デバイスです。まずはじめに4D- Nucleofector™ Xユニットにて小スケールにてお試しいただき、Xユニットで使用したプロトコルをそのまま4D-Nucleofector™LVユニットに適用してご使用いただけます。XユニットからLVユニットへの移行は、T細胞、CHO-S HEK293-SやK562細胞において確認しています。
*本製品は研究用途限定となります。それ以外の用途にご使用される場合は弊社までご相談ください。

製品特徴

  • 閉鎖式システム – 109の大量の細胞まで無菌状態で遺伝子導入可能
  • 拡張性 – 小スケールから大容量まで幅広く利用可能
  • 確立されたプロトコル – 700 以上の細胞種に対して最適化されたプロトコル
  • 4D-Nucleofector™ LogWare – 21CFR part11に準拠したソフトウェア

アプリケーション

  • 細胞治療に使用可能な細胞のEx-vivo改変(ゲノム編集、CAR-T細胞の作成など)
  • 一過性発現によるタンパク質・抗体のスクリーニング
  • セルベースアッセイ目的の一過性発現細胞の大量作成

2 種類のカートリッジ

1 mL Nucleocuvette™ カートリッジ
・1 mL 容量
・1×108 までの細胞数
・無菌下での手動充填

LV Nucleocuvette™ カートリッジ
・20 mL 容量
・1×109 までの細胞数
・リザーバーやバックを介して自動的な充填


4D-Nucleofector™ LV ユニット稼働時のイメージ。

小スケールから大容量での遺伝子導入効率


小スケールと大容量において同条件下にて pmaxGFP™ を用いたさまざまな細胞種への遺伝子導入比較

カテゴリー カタログ番号 製品名 導入容量 サイズ 定価(円)
装置 AAF-1002B 4D-Nucleofector™コアユニット     1,000,000
AAF-1002L 4D-Nucleofector™ LVユニット     お問い合わせ
キット V4LC-2002 SF Cell Line 4D-Nucleofector™ LV Kit L 1mL 1mL Nucleocuvette™カートリッジ (2回用) お問い合わせ
V4LC-2020 SF Cell Line 4D-Nucleofector™ LV Kit XL 1ml~20mL LV Nucleocuvette™カートリッジ(1回用) お問い合わせ
V4LC-2520 SF Cell Line 4D-Nucleofector™ LV Kit XL 1ml~20mL LV Nucleocuvette™カートリッジ(5回用) お問い合わせ
V4LP-3002 P3 Primary Cell 4D-Nucleofector™ LV Kit L 1mL 1mL Nucleocuvette™カートリッジ (2回用) お問い合わせ
V4LP-3020 P3 Primary Cell 4D-Nucleofector™ LV Kit XL 1ml~20mL LV Nucleocuvette™カートリッジ(1回用) お問い合わせ
V4LP-3520 P3 Primary Cell 4D-Nucleofector™ LV Kit XL 1ml~20mL LV Nucleocuvette™カートリッジ(5回用) お問い合わせ

この製品を見ている人はこんなページも参考にしています