トップページ > 製品情報 > 遺伝子導入 > Nucleofector™ テクノロジーの特長と可能性 > Nucleofector™ の概要

弊社製品使用上の注意点

遺伝子導入 -Nucleofector™-

Nucleofector™ の概要

1998年に開発されたNucleofector™ テクノロジーは、初代細胞や遺伝子 導入の難しい細胞株を導入対象とした初の高効率非ウイルス性遺伝子導 入法として、2001年に研究市場に紹介されました。

ヌクレオフェクションは電気パルスにより細胞膜に瞬時に細孔を形成する技術です。Nucleofector™ プログラムと細胞種ごとに最適化された専用試薬の開発による総合的な手法を採用し、細胞質へはもちろん、さらに核膜を通して核内への遺伝子の導入を実現しました。これにより、細胞種によっては99%という高導入効率と細胞増殖に依存しない遺伝子導入の実現が可能になりました。

核内へDNAを直接導入

核内へDNAを直接導入

正常ヒト皮膚線維芽細胞(新生児)に2.5 μgのeGFP(高感度GFP)をコードするTMR標識したプラスミドDNAを導入。導入2時間後、細胞は3.5%PFAにより固定され、共焦点顕微鏡で観察された。導入プラスミド(TMR標識)(A)、導入、発現されたGFP (B)、核(DAPI染色)(C)、以上3つを重ね合わせたもの(D)を示した。

優れた遺伝子導入パフォーマンスを実現

  • 高効率の遺伝子導入、高い生存率を実現するために最適化された電気パルスパラメーター
  • 遺伝子導入後の細胞の生理学的安定を保持
  • 残留細胞や残留基質の二次汚染のリスクを最小限に抑制使い捨ての滅菌済みNucleofector™ 専用容器 (キュベット、ストリップ、プレート)

豊富なアプリケーション

  • 650種類以上の細胞に対応した最適化されたプロトコル - あらゆる細胞種で遺伝子導入が可能に
  • siRNA遺伝子導入や神経細胞への遺伝子導入などの多彩なアプリケーション
  • 専門家によって審査される雑誌に4000報以上掲載、世界中で数千台のシステム導入実績
  • 接着細胞用のヌクレオフェクションを発明

様々な細胞種、細胞数、異なる基質の遺伝子導入に対応

  • 1つのデバイスで2×104から2×107の細胞のヌクレオフェクションが可能
  • 新しい4D-Nucleofector™ システムを使えば同時に異なるプログラム(パルスパラメーター)で処理可能
  • 異なる基質(DNA、RNA、オリゴヌクレオチド、PNA、ペプチド、タンパク質)でも同じプロトコルで実験が可能
  • 1~384回の遺伝子導入をお好みのスループットで実現する様々なデバイスプラットフォーム

概要

Nucleofector™デバイスNucleofector™ テクノロジーは、Nucleofector™ 装置および細胞別のNucleofector™ キットを組み合わせたものです。
3種類の装置プラットフォームに加え、拡張のた めの装置も提供しています(下記の表参照)。

  最新型 96-well 拡張 ハイスループット 基本装置
装置 4D-Nucleofector™
システム
96-well Shuttle™
デバイス
HT Nucleofector™
システム
Nucleofector™ 2b
デバイス
ユニット Nucleofector™デバイス Nucleofector™デバイス Nucleofector™デバイス Nucleofector™デバイス
スループット
(サンプル/回)
少数-中程度(1-16) 少数-多数(1-96) 多数(384) 少数(1)
反応容量 20 μl + 100 μl 20 μl 20 μl 100 μl
電極材 導電性ポリマー 導電性ポリマー 導電性ポリマー アルミニウム
細胞数(小)(20 μl) 2 x 104 – 1 x 106 2 x 104 – 1 x 106 2 x 104 – 1 x 106 -
細胞数(多)(100 μl) 2 x 105 – 2 x 107 - - 2 x 105 – 2 x 107
DNAベクター量/
サンプル
0.2 – 1 μg(20 μl)
1 – 5 μg(100 μl)
0.2 – 1 μg 0.2 – 1 μg 1 – 5 μg
siRNA量 /サンプル
(濃度 2 nM – 2 μM)
0.2 – 200 pmol(100 μl)
0.04 – 40 pmol(20 μl)
0.04 – 40 pmol 0.04 – 40 pmol 0.2 – 200 pmol
20 μl Nucleocuvette™
ストリップ
- -
24 ウェル培養プレート - -
96-well Shuttle™
システム との互換性
- - -
品番 AAF-1002B( コアユニット)
AAF-1002X( Xユニット)
AAF-1002Y( Yユニット)
AAM-1001S AAU-1001 AAB-1001
リンク 4D-Nucleofector™
Device&Solution
96-well Shuttle™
Device&Solution
  2b-Nucleofector™
Device&Solution

この製品を見ている人はこんなページも参考にしています